<< あらゆるものをファミコン音にしてしまう 「サカモト教授」 | main | 異性に歌われたら勘違いしそうな曲1位!Acid Black Cherry >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    インフルエンザ対策の落とし穴
    0

      加湿器、予防注射、うがいなどインフルエンザの予防法はいろいろありますが

      見落としがちな予防法の落とし穴をナビゲートします。

      うがい、手洗い、マスクで一番重要な予防策を聞いた
      街頭アンケートの結果では

      1位うがい 2位マスク 3位手洗い という結果でしたが

      インフルエンザは飛沫感染 空気感染しません。

      飛び散ったウィルスが直接入ることで感染します。

      その為飛沫感染を防ぐのに一番効果的なものはマスクです。

      また不特定多数の人が触れる場所にはインフルエンザウィルスが付着しているため

      感染で2番目に多いといわれているのは接触感染です。

      テーブルの上などに付着した場合4〜6時間ウィルスが生存しているようです。

      細目に手を洗っていても番組での調査結果では朝出勤前と夕方を比べると18倍も汚れていました。

      電車の吊り革皮や家庭内ではリモコンなどから接触感染の可能性があります。

      接触感染を予防するためにも手洗いが重要になりますが

      手洗いに掛ける時間を聞いたところ5秒以下の方が一番多いという結果が出ました。

      正しい手洗いの方法は
      手の平や甲、爪の間、またつい忘れがちな親指の間も包むように洗うと良いそうです。
      手首も忘れずに一緒に洗って下さい。1階の手洗いにかける時間は15秒が手洗いの目安です。

      家族がインフルエンザ位にかかった場合
      熱が下がった時が要注意!

      体内からウィルスが外にでるまでには注意が必要です。

      熱が下がったからといって一緒に食事をするのは危険

      少なくとも2日間は別の部屋で食事をとるようにして下さい。


      ウィルスは高温多湿に弱くお風呂では感染しませんが

      タオルを介して感染する可能性があるので

      タオルの共有は避けて下さい。


      咳は手のひらで覆うと、その覆った手で触れることで感染につながるため
      ひじや袖口で口を覆うのがエチケットのようです。

      | ハテナビ | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 08:29 | - | - | - | - |
        Comment
        コメントする









        この記事のトラックバックURL

        トラックバック